人脈と仕事

会社でサラリーマンなどで仕事をするということは、大抵は上司や部下がいたり同僚がい
たりなど多くの人とかかわって仕事をしていると思います。
もちろん中には仲がいい人、まったくしゃべらない人というのもいると思いますが、コミ
ニケーション力が高い人というのはいろいろな人と仲良くしゃべったりもしますよね。

こういう人達と話している時にビジネスのアイディアになるヒントが隠れていることがあ
ったり、何かを欲しいと思っていたら知り合いが安く売ってくれるなどもあったりします。
多く知っているというのは非常に大きな意味を持ってきます。
人脈が多いというのはそれだけで非常に大きな財産にもなるのです。

広告制作で言えば知り合いがデザインをしているなどで、知り合いにお願いすることが出
来れば市場価格よりも安く作れたりもします。
世の中にはフリーでデザインをしている人も多々いますが、そういったところとはなかな
かサラリーマンをしていると接点はないですよね。

もちろん会社によっては広告制作だけでなく、仕事の依頼は個人には依頼しないというよ
うなところもあったりしますから、そうなるとますます値段的には安く作れないなど融通
が利かないなどもあってしまいますね。

効果が高い方法

広告制作といってもいろいろな広告がありますよね。
ちょうど私の手元近くにダイレクトメールのハガキがありましたが、これも広告のひとつ
と言えます。

もちろんダイレクトメールを出すにはその人の住所などの情報が必要になりますから、ハ
ードルは高いですが、住所の情報を持っているということは以前に利用したことがあるな
ど顧客であったり見込み客の可能性が相当高い人ということになりますから、切手代を考
えても効果は高いと思います。

チラシと比べると大きさも小さいということがありますが、そこがデメリットと考えるの
であれば封筒で送ることも可能ですよね。
見込みの高い人に配布することが出来ると言う点では新聞折込などよりも圧倒的に効果が
あります。

しかし、一番初めになる部分に関してはやはり新聞折込などなかなか見込客まで届く確率
が少なくとも行う必要があるのが広告制作かもしれませんね。
最初の入り口になるためには、どうしても知って貰えなければ始まりませんから、そのた
めには多くの人に認知して貰えるように宣伝をしなければなりません。

ですから新聞折込やポスティング、はたまたテレビCMなどいろいろところで宣伝を行い
知って貰う努力を行っているわけです。

限定品の商品

広告制作ではお客様に対していつでもお待ちしていますというような、いつでも大歓迎的
なことを使うこともありますが、このいつでもというのはお客様からするとすぐに買う理
由がありませんから、本当に必要とするときにならない限り購入しないという場合がある
のです。
いつでも大歓迎というのは、そういった側面もあるのです。

それと対極にあるのが今だけというような期限を決めた言葉ですね。
今だけ、いついつまでという期間限定にすることですぐに購入しなければ後からは買えな
くなってしまいますから、後回しにせずに購入してくれるという場合もあるのです。
後からは買えないということで、消費者心理としては購入意欲がそそられることになります。

限定という言葉は広告制作で昔から使われてきましたよね。
限定商品というものも多く存在しました。
限定になることで希少価値がつくこともありますから、今購入しないと損をするという心
理になったりします。

そういう心理から購入に至ったり、購入した人も限定の商品を手に入れたという満足感を
得ることも出来るわけです。
販売する側もすぐに売れて、購入するほうも満足度が高くなるというわけですので、お互
いにウィンウィンの状態になることが出来るわけですね。

欲求を満たす

多くの人が関心を示す商品というのは、当然生きていくために必要なものになります。
食べ物というのはどうしても日々必要なものですから、注目度は高いですよね。
家計をやりくりする主婦にとっては、ほんの少しでも安いものを見つけるという意味では
スーパーなどのチラシはかなり注目して見るものということになります。

逆に生きていく上でまったく必要としないものというのは、世の中にたくさんあります。
それらの商品を売るためにはどうしたら良いのかということを広告制作では、いろいろ昔
から考えられてきています。
特に心理技術などを考えて広告制作をするというのが多いと思います。

人間の欲求などを考えて制作するわけですが、欲求というのは今の時代は多くの商品が溢
れていますので、その中から選んで貰えるようにするのは結構大変だったりもします。
多くの商品はあるものの、そこまで多くの商品を必要としている人は少ないわけですから
競争しなくては勝ち残れないということになります。

そのために様々な工夫をするわけです。
芸能人が着ている服などは憧れの人が着ているものだから欲しいと思う人もいると思います。
ドラマなどで使われたものが、放送翌日に問合せが殺到するなんてことも多いようです。
欲求というのは憧れなどからも出てきますので、自分が使ってみたいと思わせることも大
事ことになります。

効果を考えて広告を選択しよう

世の中には様々な広告がありますが、広告制作というのはどんな効果を狙うのかでいろい
ろち方法も異なってきます。

例えば全国のどこでも販売しているような商品を宣伝するのであれば、製造した会社は多
くの人に見て貰うためにテレビCMなどを大々的に行うなどをしますよね。
多くの人が見ていることから商品の知名度アプにも役に立ちます。

逆に全国が相手ではなく地域密着型の場合には全国にテレビCMを流しても意味はありま
せんので、せいぜい地方のテレビ局で流して貰うなどはあるかもしれませんが、あまりテ
レビCMを考えないと思います。
それであれば、お店に来てくれるような範囲の人に対して、チラシなどは配布するなどが
現実的な話しですよね。

ですから広告制作というのは、どういった効果を狙いたいのかで変わってくるということです。

例えばマンションを販売するのに、遠くの人にアピールしても仕方がありませんから、マ
ンションの購入を考えてくれそうな地域に対してアピールしますよね。
駅から近い物件などの場合には大々的に駅中に広告を展開するなどもあったりします。

地域で販売するのか、全国を相手にするのかなど規模によって、さまざまな広告がありま
すから、選択することが大事になってきますね。

経費を見直す

お盆などで多くの人たちが広告制作をして集客に努めたのではないでしょうか。
もちろんお盆が書き入れどきなのはサービスや小売、飲食といった人達がほとんどだと思
います。
それ以外の多くの人は長期休暇を満喫した感じでしょうね。
もちろん休暇が長くなるとお金も多く使いますから、お盆で多くのお金を使った分、今後
はしばらく財布の紐が固くなるのではないでしょうか。

8月の売上は年間の中でもかなり高い売り上げを出しますが、その後は一旦落ち着きますよね。
その落ち着いたところで通常の売上をあげるには、いろいろ工夫が必要になってくると思
います。
広告制作の鉄則は忙しくなるであろう、集客出来るであろうときに入れるのがもっとも効
果を生みますが、財布の紐が固くなっているときというのは値段などで勝負することも求
められます。

また、そのためには各種経費などの見直しも必要不可欠ですよね。
今の広告制作の費用は最安値で作れているでしょうか。
もしも高い値段なのであれば、いろいろ他の印刷業者なども検討してみることも大事なこ
とです。
そういった経費を見直すことで商品価格も安く出来たりもします。
そういった経費の部分を見直してみることも大事な時期なのかもしれませんよ。

需要をとらえる

広告制作というのは季節的なものを考えることも大事なことですよね。
季節的なものというのは、イベントなどが季節ごとに様々ありますから、そのイベントに
関連した広告制作をすることも大事なことです。
季節的なものといえばイベントじゃなくとも暑さ、寒さなどでも関連したものを作ること
ができます。

需要が高まるところを狙うというのは凄く重要になってきます。
人はイベントや必要なものが発生したときというのは、どうしても財布の紐が緩む傾向に
ありますから、そういった時に広告などで集客をしていくことが重要になるのです。

夏と言えば当然暑いですから、納涼的なものに需要があつまります。
電化製品であればクーラーなども需要は多いですよね。
もちろん値段的なことを考えれば扇風機なども需要は高いですよね。
他には汗をかきますから速乾などの商品であるとか、海や行楽にでかけるための便利グッ
ズなどもあります。

また、最近は年間を通して売れますが、ビールなどももっとも需要が高くなるのはこの時
期です。
アイスなどもこの時期が当然一番売れる時期ですね。
また夏休みなど子供が入ることから、子供向けの需要と言うのは大きくなります。

こういった需要を敏感に捉えながら広告制作をすることが大事なのです。

やってはいけないこと

広告制作をするときに気をつけなければならないのが、誇大広告かもしれません。
もしも、その誇大広告のおかげで売上に繋がったとしても、当然誇大広告ですから後から
苦情などが出ることが予想されます。

そして通常でも苦情というのはどこにでもありますが、誇大広告だったと言う場合には相
当なクレームや機構などにもクレームを入れる人が出てくるかもしれません。

また、今の時代は個人でも簡単に情報発信が出来る時代ですから、ブログ、口コミサイト
などに書き込まれてあっという間に多くの人に、その実態が知られてしまうということに
もなりかねません。
そうなれば営業を続けることすら困難になることもあるのです。

数年前におせち料理の誇大広告問題がありましたが、ネット上でも騒がれ、その後ニュー
スでも取り上げられて、結局のところそこのお店は閉店に追い込まれましたよね。
売上をあげたいと思うのは良いのですが、一時の売上のために誇大広告を使うと、取り返
しのつかない状態になり、べてが終わってしまうということもあるのです。

誇大広告でイメージを悪くしてしまうと、最悪は閉店する、倒産するという状態にもなり
ますので広告制作のさいには十分気を付けることが大事ですね。

バランスを考えて

広告制作はこれからますます需要が増えていくのではないでしょうか。

何故かと言えば、経済活動が活発になれば当然広告というのは非常に大事な要素になりま
すから、広告制作をして認知度アップや売上アップを考えるようになります。
広告といっても様々な媒体がありますから、自分の狙う客層はどんな媒体を好んで見てい
るのかということも重要になってきますね。

当然ながら景気が回復しても広告宣伝費というのは湯水のように使う訳にはいきません。
商品価格があって、少なからずそこに広告宣伝費が上乗せされて販売するわけですから、
あまりにも使い過ぎると商品価格が市場価格と剥離したものになってしまうこともあります。

余程の高いものか、よほど大量に消費される可能性があるものでなければ、広告宣伝費と
いうのは慎重に考えて、バランスを考えることが大事になってきます。
かといって商品価格を安くするために、まったく宣伝を行わないというのは人に知られる
ことが極端に減ってしまいますから、安くても売れないという現象に陥ってしまうことも
考えられます。

広告制作はこういったバランスも考えながら行うことが重要になってきます。
是非、バランスを考えつつ広告制作をしてみてください。

需要が多い時に費用を

広告制作で新生活スタートの広告について前回は書きましたが、次の需要は何になるでし
ょうか。
もちろん新生活のスタートで、まだまだ買い揃えたいと思っている人も多いことでしょう。

ゴールデンウィークのことを今からというのは、ちょっと遅いような感じもしますね。
そうなるとボーナス商戦などになってくるでしょうか。

今年は政府が異例と言えるような、経済界に賃上げの要請をしたこともあって賞与をあげ
ると宣言したところもありますよね。
そう考えると今年のボーナス商戦は少なからず、昨年よりは盛り上がることが予想されます。

景気動向も上向きになってきているという報道がなされていますから、財布の紐も少しは
緩くなってきている可能性が高くなります。
そういったときに稼げるようにするためには広告制作も大事なことですよね。

口コミ効果を狙って宣伝しないなど、悠長なことを言っているタイミングではありません。
需要があるときに、最大限の費用をかけてでも宣伝することがビジネスの鉄則ですから、
乗り遅れるのは勿体ないと言えるでしょう。

その後は夏の繁忙期も控えていますから、どんどん攻めていきたい時期に突入しますよね。
是非、広告制作を行って、売上をあげれるようにしましょう。